一般社団法人宮島観光協会のブログ

ブログ

宮島ロープウエーの所要時間は?絶景と仏教を味わう4時間コース

公開日:2022/12/08 最終更新日:2022/12/15

宮島ロープウエーと弥山は4時間あれば、ボリューム満点で楽しめます。

山頂まで行けませんが、次の内容が十分に満喫できるんです!

\4時間で楽しめるコト/
✅ゴンドラから見下ろす、瀬戸内海や弥山原始林
✅山頂ちかくからの「絶景」や澄みわたった「空気感」
✅弥山本堂や霊火堂で、“消えずの火”や仏像などの鑑賞

上記のことをどんな感じで楽しめるのか、臨場感をもってイメージできるよう写真や動画を交えて記事にまとめました。

読み終えた後には、実際に行ったときの様子・感覚がわかるようになります!

※「4時間も取れない!」という人は、次の2時間で楽しむ方法の記事をご覧ください。

では、以下より4時間程度で楽しむ方法を解説していきます!

宮島ロープウエーの基本情報

まずはロープウエーの基本についてザッと解説いたします!

営業時間

現在の宮島ロープウエーの営業時間は次のとおりです(2022.12.7現在)。

引用元:宮島ロープウエー

最新情報は、宮島ロープウエー公式サイトでご確認ください。

シーズン中(GWや紅葉時期の土日など)は事前予約が必要です。

予約が必要な日は宮島ロープウエー公式サイトでお早めのご確認・ご予約をお願いします。

料金

宮島ロープウエーの料金は次のとおりです。

引用元:宮島ロープウエー

チケットはロープウエーのりばで直接お買い上げください。

宮島ロープウエー&弥山 所用時間4時間の内訳は?

4時間の内訳は、次のような流れです。

  • Step1.
    宮島桟橋→ロープウエーまでの散策(片道25分)
  • Step2.
    ロープウエーで移動中の景色(片道25分)
  • Step3.
    獅子岩展望台→霊火堂&弥山本堂(移動・滞在40分程度)
  • Step.4
    弥山本堂と霊火堂でのひと時(滞在60分)

約4時間ですが、シーズンやタイミングでそれ以上にもそれ以下にもなり得ます。

行く途中の散策やロープウエーに乗っているときも、宮島らしい風景が楽しいです!

以下より、Step1~Step4に分けてご説明いたします。

Step1.
宮島桟橋→ロープウエーまでの散策(片道25分)

フェリーで宮島に到着し、ロープウエーのりばまで行くには20~30分です。

もっともオススメのアクセス方法は、次の図のとおり。

紅葉谷公園の手前までは、いずれにしろ歩いていくことになります。
例外として、宮島桟橋からタクシーを使えばロープウエーのりばまで行けます。

宮島桟橋から嚴島神社の真裏まで歩くと、紅葉谷公園の手前にゲートがあります。

このゲートから先をそのまま進めば、無料バスのりばです!

無料バスに乗れば、ロープウエーのりば近くまで行けます(参考:宮島ロープウエー無料送迎バス時刻表)。

ただ、個人的には次のinstagramにあるように、うつくしい紅葉谷公園を散策しながら進むのがオススメです♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】宮島観光協会 Miyajima(@miyajima_tourist_association)がシェアした投稿

バスのりばを通りすぎて歩いて進むと見どころの1つである”もみじ橋”があります。

1本道ですし、看板もたくさんなので道に迷うことはまずありません。

園内には「あと何分くらいでロープウエーに着くか」がわかる看板が点在しています。

さわやかな緑に心癒されます。

散策はまるで森林浴をしているかのよう。

公園に沿って流れる紅葉谷川のせせらぎも聞こえ、心癒されます。

ちなみに、紅葉シーズン(11月ごろ)はこんな感じです^^

そして、再び赤い橋(もみじ谷橋)が見えてきたら、もうちょっとです!

もみじ谷橋から少し歩くと階段があるので、この先がロープウエーですよ!

階段を上り切ると・・・

到着です!紅葉谷駅!

駅内でチケットを買ったらいざ乗車です!

Step2.宮島ロープウエーの乗車時間(片道25分程度)

ロープウエーに乗っている時間はまさに非日常の“空中散歩”です。

平地から離れ、ぐんぐんと上がっていくのと同時に視界も開けていきます!

下を見ると瀬戸内海や廿日市市街が。

海に浮かぶ牡蠣いかだも見えます!!

「お昼に食べた牡蠣はあのいかだで育ったんだろうなぁ」

そんなふうに考えると楽しいですよ♪

上を見ると、青々とした木々が天に向かって続いています。

これが弥山原始林です。

しばらく上がると乗り換えがありますが、スタッフさんが誘導してくれるので心配は不要です。

ここからさらに上へ!

※ガラスにお客さんの背中が反射してます、申し訳ございません。

下に見える建物は農家さんです。

宮島にも少ないですが、農家があるんです!

海に浮かぶ島々の様子が美しい~~~!

“多島美”と呼ばれる瀬戸内海らしい風景です。

到着です!終着点の獅子岩駅!

獅子岩駅には無料ロッカー、売店や喫茶など便利スポットが点在。

駅内を出ると、目の前に階段があるので、そこを上ると獅子岩展望台です。

ちなみに、獅子岩駅から展望台の上までは、わずか徒歩1分くらいですよ!

ここまで(フェリーのりば~紅葉谷公園~獅子岩駅)が約1時間です。
※混み具合で時間は前後します。

Step3.獅子岩展望台→霊火堂&弥山本堂(移動・滞在40分程度)

ついに獅子岩展望台にやってきました!

標高433mからの眺めです!

宮島はまわりが海なので、視界を遮るものがありません。

北を向けば、遠くに連なる山々。

南をむけば、海と空に映える小さな島々。

東屋でゆっくりもできます♪

弥山展望台(頂上にアリ)でなくとも、この獅子岩展望台からの景色も十分きれいです。

Step4.獅子岩展望台~弥山本堂・霊火堂(徒歩20分)

獅子岩展望台から先、徒歩20分ほどで“弥山本堂”“霊火堂”“三鬼堂”といった仏教的なお堂のある広場へ着きます。

獅子岩駅を出てすぐのこの看板あたりから、分かれ道のない1本道なので迷わず進んでいけます。

なお、じっさいに登っているところの動画を撮影しました!

この道のりより、少しラクなところもあれば、キツイところもありますが、だいたいこんな感じとイメージしてください!

木々の間から、海や島が見えるのもまた魅力的です。

船の行き来する様子、かき筏、小さな島々などが見えます。

自然や風景を楽しみながら登っていただければと思います!

秋は葉が赤くなっているところも。

道中、休憩するベンチもあります。

階段の上に、小さな不動明王のお姿とお堂が見えれば、いよいよ到着です!

Step4.弥山本堂!空海の修業の場です(滞在15分ほど)

ようやく到着しました、弥山本堂。

▼弥山本堂とは?
本尊:虚空蔵菩薩(知恵と福徳を司る)
脇侍:不動明王・毘沙門天
きらびやかな装飾、曼荼羅、ほかにも仏像などがあり、見ごたえ十分。
ありがたいお堂です。

弥山本堂に入ると、仏像などがございます。

▼向かって左から“不動明王”“虚空蔵菩薩”“毘沙門天”です。

▼愛染明王

愛欲にまつわる煩悩を救って悟りの方向に導いてくださる仏

引用元:大聖院

宮島は空海(弘法大師)さんゆかりの地なので、弥山本堂には空海さんの像もあります。

空海さんは唐から修業に帰る途中、宮島にわたって修行されたと言われています。

お次は“霊火堂”へ行ってみましょう!

Step5.霊火堂!1200年燃え続ける消えずの火と霊水アリ(滞在10分ほど)

“弥山本堂”“霊火堂”は目と鼻の先で、次のストリートビュー内の向かって左が弥山本堂、向かって右が霊火堂です。

“霊火堂”の外観はコチラ!

▼霊火堂とは?
本尊は不動明王。
空海(弘法大師)が修業の際に灯した火が1,200年以上の時を経てこのお堂で燃え続けている。

また、霊火堂の横には「御守札授与所」があります。

こちらでは、お守りや御朱印、水やジュースといったものが買えます。

霊火堂の扁額は、燃え続けている火の影響で真っ黒。「霊火不滅」と書かれています。

霊火堂では、空海さんが修業した約1200年も前に灯した炎がいまだに燃え続けており、“消えずの火”と呼ばれています。

中に入ると、消えずの火にくべられた大きな釜があります。

消えずの火で沸かされた水は万病に効くと言われています。

自由に飲めますのでぜひ!

なお、弥山のふもとにある大聖院のお坊さんが日々やすむことなく、火を守られています。

本尊の不動明王さんです。

霊火堂をパワースポットと考える人もいらっしゃいます。

ぜひ訪れてみてください。

まとめ

ロープウエーは4時間程度あれば、山頂までは行けませんが十分に楽しめます。

内容を振り返りますと、次の点が魅力です!

✅ゴンドラから見下ろす、瀬戸内海や弥山原始林
✅山頂ちかくからの「絶景」や澄みわたった「空気感」
✅弥山本堂や霊火堂で、“消えずの火”や仏像などの鑑賞

それでは、素敵な旅になることをお祈りしております!