文字サイズ変更 中 大 特大

観光・モデルコース

歩いて登山 3ルート

弥山

厳島(宮島)は、約6000年前に瀬戸内海ができたとき対岸と分離して島になりました。厳島の最高峰は弥山で535m、駒ヶ林506m、岩船岳466.6mです。

古代から霊威が感じられ島全体が信仰の対象でした。593年厳島神が御鎮座され、平安時代頃から山岳宗教の対象にもなって、弥山には三鬼大権現がお祀りされ、806年に弘法大師(空海)が弥山を開基し真言密教の修験道場となりました。
江戸時代になると、民衆も厳島詣で七浦巡りと弥山への信仰登山を盛んに行っていたようです。明治時代になり、初代総理大臣を務めた伊藤博文公は、弥山信仰に篤く、1906年に弥山への参詣道の改修に尽力し、記念碑が大聖院登山コ−ス入口にあります。 1996年12月嚴島神社が世界文化遺産に登録されたときには、その前面の海と背後の弥山原始林(国天然記念物)431.2haが含まれました。
2004年に登山家岩崎元郎氏が発表した「新・日本百名山」にも選ばれました。

トレッキングには手軽なコ−スではありますが、宮島の山は急峻で迷い込むと危険な山でもあります。安全な以下の3コ−スをご利用下さい。

■ 注意 ■

  • 宮島の山は、海抜0mからの登山です。低い山だからと甘く見ないで下さい。
  • 山は、急峻で毎年のように山に迷う登山者が出て捜索されています。
  • 安全な登山コ−スでお楽しみ下さい。
  • 歩きやすい服装と靴で登山して下さい。
  • ただし、秋や冬は防寒の準備もして下さい。
  • 案内地図を参考に安全な道を行って下さい。
    ただし、道に迷うこともありますので、コンパスと地図(国土地理院発行)を携帯するようにしましょう。
  • 水分補給をしながら登山を楽しんで下さい。
  • 毒虫(スズメバチ等)・毒蛇(マムシ)にも気をつけて下さい。
  • ゴミは各自で必ずお持ち帰り下さい。
  • 植物の採取・持ち込みは厳禁です。
  • 登山の時間には、個人差がありますので目安として記入しています。
    無理のない行程を組んで下さい。
※山頂付近の史跡については、観光スポットの弥山をご覧下さい。

大聖院コ−ス

約1時間30分〜2時間(休憩含む)

石段の多いコ−スです。
大聖院仁王門手前、橋を渡らず、左手が登山道入口です。
大聖院登山コ−スには「丁石[ちょうせき]」があり、一丁が109m、山頂までは二十四丁(約2.6km)です。途中の見晴らしはとても良いコ−スで、お地蔵様や御堂があり、信仰の深さがうかがえる道です。

登山道入口 → 御幸石・白糸の滝 15分 あずまや展望台(里見茶屋跡)(六丁) 20分 賽の河原(十丁) 10分 幕岩 21分 仁王門(十八丁) 3分 鯨岩(二十丁) 7分 弥山本堂・霊火堂 → 弥山山頂(二十四丁)


弥山参詣道改修記念碑

大聖院登山コ−ス入口

高倉天皇御幸石と白糸の滝

四脚石鳥居

第1堰堤

仁王門跡

紅葉谷コ−ス

約1時間30分〜2時間(休憩含む)

一番初心者向きの弥山登山定番コース。
前半は緩やかな登山道ですが、後半はやや急な階段があります。

奥紅葉谷橋1分登山道入口 63分 紅葉谷分岐点 20分 弥山本堂・霊火堂→弥山山頂


左:ロ−プウエ−もみじ谷駅
右:弥山登山道紅葉谷コ−ス

弥山登山道
紅葉谷コ−ス入口

分岐点
右:弥山道/左:獅子岩駅

大元コ−ス

約2時間〜2時間半(休憩含む)

弥山原始林を歩くコース。
森林が生い茂り、巨岩も多く、歩きながら散策を楽しめます。分岐点も多いので道を間違えないように注意してください。
また途中の駒ヶ林分岐点から約5分で駒ヶ林に行くこともできますが、危険な岩場では足下に注意して下さい。

大元神社約 12分 石仏群 20分 富士岩 42分 風吹岩・大使堂 20分 岩屋大師 10分 駒ヶ林分岐点 5分 仁王門 10分 弥山本堂・霊火堂


モミの自然林

大元川を渡る橋

風吹岩

岩屋大師

分岐点

駒ヶ林