文字サイズ変更 中 大 特大

行事

桃花祭御神能

厳島の能の起こりは、大内義隆が天文20年(1551)長門の大寧寺に滅び、弘治元年(1555)厳島合戦で陶軍に勝利した毛利元就によって、永禄6年(1563)を始めとして度々奉納されています。永禄11年(1568)には観世大夫が下向した際「前略、江の中に舞台を張らせて九番の演能があり、その後、棚守房顕の屋敷で舞台を張らせ十一番を演じた」と『房顕記』に記されています。

関ヶ原の合戦の後、毛利氏に替わって福島氏が芸州の藩主となり、その後、元和5年(1619)紀州より浅野氏の支配下になった頃から厳島は藩直属の宮島奉行、宮島元締役、宮島帳元が置かれ、また、交通機関の発達と共に、神社を中心とした観光地の性格を帯びるようになりました。春・夏・秋三期の市も立ち、福島氏、浅野氏の時代を通して演能が行われ、宮島は次第に賑やかさを増していきました。

明治時代になって祭典が新暦となり、春の大宮祭を「桃花祭」とし、従来の3月15日を1ヶ月遅れの4月15日にして、16日から3日間を桃花祭御神能 としました。

桃花祭御神能 桃花祭御神能

日時 毎年4月16日〜18日
場所 嚴島神社(能舞台)
内容
16日 初日
・・・ 喜多流
17日 2日目
・・・ 観世流
18日 3日目
・・・ 喜多流
初日と2日目は最初に翁が演じられ、3日間とも五番能が演能されます。ときには、他の流派が演じることもあります。