文字サイズ変更 中 大 特大

宮島木工細工

ロクロ細工

ロクロ細工 江戸末期に伝えられたもので、明治初期には手廻しロクロから足踏み式ロクロに替わり量産ができるようになり、大正期にかけて全盛期を迎えました。
宮島を代表する名産品として、木目や木肌の美しさを生かして、盆・菓子器・茶道具などが造られています。

 

宮島彫

宮島彫 江戸末期に甲州(山梨県)の波木井昇斎によって伝えられた木彫り彫刻の技術に由来します。
木地の持ち味を生かしながら、沈め彫り・浮かし彫り・立体彫りなどを駆使した繊細かつ巧緻な彫刻のすばらしさは、宮島彫りならではでしょう。