文字サイズ変更 中 大 特大

行事

管絃祭

管絃祭 古くから都では、貴族が池や河川に船を浮かべ、優雅な「管絃の遊び」をしておりました。嚴島神社を造営した平清盛はこの風習を嚴島神社に移し、遊びではなく神様をお慰めする神事として執り行うようになりました。従って河川でなく瀬戸の海を舞台に雄大に繰り広げられるダイナミックな平安絵巻を思わせる海に囲まれた宮島ならではの優雅な祭りとなりました。

日時 旧暦6月17日
※2015年は8月1日(土)
場所嚴島神社 及び 周辺
予定時刻
発輦祭[はつれんさい]
・・・ 16:00
御本殿出御
・・・ 17:00
大鳥居前の儀
・・・ 17:40
火立岩[ほたていわ]
・・・ 19:00
地御前神社
・・・ 20:20
長浜神社
・・・ 21:40
大元神社
・・・ 22:30
火焼前[ひたさき]
・・・ 23:10
客神社前
・・・ 23:30
御本殿還御
・・・ 24:00

管絃祭について

平安時代の宮島は、島全体が神様とあがめられ、島内に人が住むことができなかった為、清盛公は嚴島神社の姫神様がお乗りになる御座船を造り、舳先の左右に篝火を焚き、御鳳輦前の雪洞[ぼんぼり]や艫[とも]に上げた4個の高張提灯、二十数個の飾り提灯に明かりをともし、その灯火を暗い海に映しながら夕刻から深夜に掛けて瀬戸の海を渡っていきます。

管絃祭 管絃祭の日時を旧暦の6月17日としたのは、海上の神事であるから潮の干満を考慮したからです。上げ潮の高い季節は旧暦の7月・8月頃ですがそのころは台風の季節に当たるためにこれをさけ、しかも大潮ということになると旧歴の6月になります。夕方日が傾く頃に出御して夜半に還御となると17日ということになり、このころは夜になってほぼ満月に近い月が昇り瀬戸の海を明るく照らします。絶好の条件が整うわけです。

管絃祭 御座船は、現在は和船を三艘並べて一艘に船組をしますが、昔は大きな船を一艘使ったようです。この船には櫓が六丁あり自力で航行しておりました。
ところが元禄十四年(1701)に管絃船が地御前神社から宮島の長浜神社に帰る途中暴風雨に遭遇し、まさに転覆寸前になりました。
その時風雨を避けて錨を降ろしていた阿賀村の「岡野喜右衛門」の鯛網船と九州からの帰路、嚴島神社に参拝する江波村の「古川屋伝蔵」は二次災害をかえりみず勇気ある行動で管絃船を救助しました。
それ以来阿賀と江波の両村が管絃船を曳航して祭りが行われるようになりました。

阿賀の船は鯛網船であったことから現在でも六丁の櫓を用い、江波は伝馬船であったから、その形式を残し十四丁の櫂を備えた伝馬船です。

管絃祭の御座船を曳航する名誉ある役目は、現在も広島市の江波にある漕伝馬保存会と呉市の阿賀漁協が引き受けています。

管絃祭の前後約一ヶ月、宮島の桟橋前広場でその雄姿をご披露している管絃祭のもう一方の主役とも言えるこの御座船を曳航する曳き船は、1998年に新造船の完成により現役を退いた江波の曳き船一艘と阿賀の曳き船二艘です。
今は陸地から厳島神の船渡御の無事を祈る役目を担っております。
いずれの船も最近では見ることのできない木造船です。

櫂であり櫓である古式船の繰船技術は、木造の造船技術と共に日本人の貴重な文化的財産です。

祭典は午後四時嚴島神社の本殿で発輦祭があり、次に御鳳輦を管絃船に移し大鳥居前の儀を終えて、船内で管絃を合奏しながら対岸の地御前神社に向かいます。
火建岩沖に一時停船し提灯に明かりが灯る頃、地御前神社からの御迎船を水先に地御前神社前の浜辺で祭典と管絃が奉奏されます。

管絃祭 祭典後、管絃船は宮島に向かい、長浜神社、大元神社で順次祭典を行い、大鳥居をくぐって客神社前で祭典と管絃があり、さらに狭い枡形に入り一気に御座船を三回廻りながら管絃を奉奏します。
このダイナミックな儀式が嚴島神社管絃祭のクライマックスであり、参拝客の興奮した声と拍手は、潮の香りのする廻廊にこだまし、夜空には満月が輝きます。
この儀式が終わると神様は本殿に還御され、真夏の瀬戸の海を舞台に繰り広げられた一大平安絵巻は幕を閉じます。


あなたも平安気分

ちょうちん行列

動画で見る管絃祭